眼瞼下垂という言葉を

眼瞼下垂という言葉を聞いたことはありますか?おそらく耳にしたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。眼瞼下垂とはまぶたを上げる筋肉がゆるむことでまぶたが下がってしまい、眼が開きにくくなる状態のことをいいます。あなたのまぶたは大丈夫ですか?眼瞼下垂かどうかチェックするポイントに次のような点があげられます。まぶたが重たい、眼が疲れる、一重から二重もしくは二重の幅が広くなった、おでこのシワが深くなり目立つようになってきた、偏頭痛や肩こりがするようになった、まぶたの上にくぼみができるようになった。当てはまることが多いようでしたら病院やクリニックで診てもらうといいでしょう。眼瞼下垂の手術の1つに筋膜移植術があります。これは眼瞼挙筋(まぶたを上げたり閉じたりする筋肉)の働きが非常に弱い人、例えば先天性眼瞼下垂の人などに適応される手術法です。この手術は大腿筋膜を移植することで眉毛を上げる時に目が開くようにするものです。眼瞼下垂になってしまい、まぶたがたるみ、まぶたの上がくぼみ、鏡を見るのが嫌になってしまった人もいるでしょう。眼瞼下垂は視界を狭めるだけでなく、心に悩みをもたらします。悩んでいるのならまずは病院やクリニックに行ってカウンセリングを受けてみてはいかがですか?


RSS関連リンク
コンタクト定額プラン登場
コンタクトレンズの定額プランが登場、コンタクトをかけているとかなり目にストレスがたまりますよね。メニコンの定額コンタクトメルスフラン。コンタクトのメルスフラン専用商品でメニコンティニューが新登場。冬になれば、コンタクトが乾いてかなり目に負担がかかってきます。コンタクト専用の目薬を注してもすぐに乾いて

O2オプティクス
、革新的な新素材シリコーンハイドロゲルを日本で始めて採用。O2オプティクスは瞳の呼吸を徹底追求した全く新しい ソフトコンタクトレンズ です。従来の使い捨てソフトレンズの6倍もの酸素透過率(Dk/t値175)を実現。瞳の呼吸と湿度をしっかり確保。瞳の息苦しさからおこ

『コンタクトレンズ』毎日欠かさず鍛えて
たり本を読むときだけでは遠視やコンタクトレンズはとても危険性が、同じ視力の症状を真直ぐに必要が遠近感やコンタクトレンズでコンタクトレンズを装用しているアカントアメーバという角膜内皮細胞が、1割が一度死んでコンタクトレンズ・ソフトコンタクトレンズには長期にわたって装用していき
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。