眼瞼下垂という言葉を聞いたこと

眼瞼下垂という言葉を聞いたことはありますか?おそらく耳にしたことがある人はあまりいないのではないでしょうか。眼瞼下垂とはまぶたを上げる筋肉がゆるむことでまぶたが下がってしまい、眼が開きにくくなる状態のことをいいます。あなたのまぶたは大丈夫ですか?眼瞼下垂になると上まぶたが垂れ下がり視野が狭くなるため、いつも眠そうに見えてしまいます。また、眼を開けるために眉を上げたり、おでこに力が入ることでおでこに深いシワができてしまいます。さらに、眉やおでこの筋肉にいつも力を入れていることで、偏頭痛、肩こり、めまいなどの原因ともなります。眼瞼下垂の治療としてよく知られているものに手術があります。手術には眼瞼挙筋前転法、眼瞼挙筋腱膜修復法、上眼瞼吊り上げ術法などがあり、眼瞼下垂の状況、原因などにより受ける手術は変わってきます。また、眼瞼下垂の原因となる病気がある場合は、まずはその治療を行う必要があります。まぶたのたるみ、まぶたの上のくぼみ、顔を上げてものを見るしぐさ。眼瞼下垂の人に見られるこれらの症状や行動は老けて見られる原因の一つです。また、加齢による眼瞼下垂は視界が狭まり周りがよく見えないためにお年寄りのケガのもとにもなります。眼瞼下垂が気になったら早めに医師に相談してみるといいでしょう。


RSS関連リンク
夏はまだ終わりません。今宵も
相変わらず8月の出来事が続きます。4月末に突然決まって眼瞼下垂の手術をしたことを以前の記事に書きました。執刀していただいたDr H(以下Hで),手術の4日前に○音でたまたま一緒になり夜中にHに電話して手術の話を決めてしまった

プチ整形での二重まぶた手術・埋没
。この方法はリスクがあり眼瞼下垂や挙筋にダメージを与えてしまうこともありますので、主治医とよく相談した方がよいでしょう。瞼板固定法とは、従来より行われている二重まぶたの手術の方法で、瞼板という眼瞼挙筋の下方に位置する

ツイてない
馬原のまーくんね)がランナー出さずに抑えた。よし、きっと明日は今日より良い日のはずだ☆ 早くもWizardが恋しい今日この頃ですが、カマ様が眼瞼下垂で二重にする手術ができなかったのは良かったのか悪かったのか。個人的にはホッと
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。